久しぶりに映画を借りたのですが…両方共失敗だったかも(涙)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
こちらは前の監督の作品が微妙に子供っぽかったので
今度は大人っぽくてもちっと怖い雰囲気を期待してたのー。
最初の方は映像も綺麗で重苦しい雰囲気ですごくよかったけど
途中くらいからなんだかコミカルになってしまってあれれ?
って感じでした。もっとスネイプ先生の出番が多いと
わたし的にはうれしいんだけどなぁ(笑)

ロスト・イン・トランスレーション
こちらはかなり失敗でした。脚本賞にノミネート(だっけ?)
されてたり、ビル・マーレイだし、と前から期待してたんだけど
個人的には大ハズレだよう~~。一体何が言いたいのか
さっぱり…。まさかカッコイイ映画を作ろうとしてたのかな??
日本の描き方は相変わらずステレオタイプで酷いのは
いつものことなのでいいんだけど(笑えるくらい酷かったら
いいんだけど全然笑えなかった)、キャラもお話も薄っぺらで
全然魅力ないし、二人の心の近づき方も全く上手く
描けてない気が…。そして絵も色も全然よくない…。
この監督さん、わたし苦手なのかも。随分前に見た
「ヴァージン・スーサイズ」もさっぱりわかんなかったし
何か違った見方があるのかなぁ??唯一よかったのは
マシューかも(笑) なんかマシューが出てきた時だけ
ほっとしました(*´∇`*)