「ね、これ、いいでしょう?あたちのなの。」

「ナチュラル素材なの。素敵でしょ?
でもそこのソリの人!あなたのソリとだったら交換してあげるよ!」

リラちゃんはソリに反応するのですがカラフルなプラスチックが
おもちゃと認識しているのかしら?

でもわたしはそれより何よりこの大きなふわふわのお手手と
素敵な黒い爪に夢中ですよ!

「今日は特別にあたちのお歌を聴かせてあげる!
ララララ♪リラララ♪♪」